「かば 」について2017-11-15T16:44:39+00:00

映画「かば」-西成を生きた教師と生徒ら- は、まだ本編の制作まで至っておりません。
下記制作年表のとおり、諸事情から制作資金の調達に悪戦苦闘しています。現在ご覧いただけるパイロットは「この映画をぜひ劇場で観たい」という方々が協力してくださったお陰で完成いたしました。しかしながら映画本編の完成まではまだまだ多大な制作資金が必要です。当パイロット版をご覧いただき、趣旨に賛同してくださる方、企業・団体の皆様、本編の制作・上映へ向けてご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

2014年 1月
川本プロデューサーの元に、自称俳優のA氏が「故 蒲先生の映画化」企画を持ち込む。

2014年 4月~11月
A氏と共同企画者で蒲先生の後輩である元京都の高校教師T氏と、蒲先生の大学時代から続く小寺ゼミという集まりに参加、そこで西成[鶴見橋中学校]時代の同僚であった先生を紹介される。

2014年 12月
蒲先生を詳しく知る作業をはじめてから約一年間をかけて、鶴見橋中学校時代の同僚だった先生方に辿り着く。先生方が明らかにする当時の驚愕エピソードに惹き込まれ、脚本執筆意欲が湧く川本プロデューサー。

2015年 1月
企画者A&T氏、東京の映画プロデューサーM氏と共に、商業映画として【かば】を制作することに決定。

2015年 3月
川本プロデューサー、西成を中心に本格的に取材を開始。翌4月には第一次制作委員会を発足する。

2015年 6月~7月
【かば】制作への理解が各方面で思うように得られず、Mプロデューサーが脱会。第一次制作委員会は早くも解散。A氏が準備資金を用意するとの条件で自主制作に切替え、脚本執筆の契約を交わし、本格的に脚本執筆を開始する川本プロデューサー。

2015年 8月
企画パンフレットを制作、各方面の理解を得るため、先ずパイロット版制作を計画。撮影スタッフを雇い入れる。

2015年 12月~2016年 2月
脚本も完成間近というところで企画者A氏が準備資金を用意しないまま行方不明に。撮影スタッフを抱えたまま途方に暮れる川本プロデューサー。選択の余地なくアルバイトを始める。

2016年 4月
【かば】制作を断念しようとした矢先、各方面で脚本が絶賛され、某大学の先生の呼びかけで【かば】制作再開の運動が起こる!

2016年 5月
【かば】制作運動に、鶴見橋中学校の卒業生でもあるミュージシャン兼俳優パギやん こと趙博さんが加入!

2016年 6月
趙さんらの呼びかけで、蒲先生の元同僚先生方に再集結を願い、第二次制作委員会を発足!パイロット版の撮影に向けて、皆でパイロット版制作資金を捻出する。タイトルを【かば -西成を生きた教師と生徒ら-】に決定!撮影スタッフと俳優の協力を得る。かば先生役に山中アラタを抜擢! 他キャストも続々決定。

2016年 7月~8月
パイロット版台本完成、ロケハン開始。大阪市教育委員会に制作協力を求め、廃校での撮影を許可される。

2016年 9月
公式ホームページ開設!パイロット版ナレーションに中山千夏さんの協力を得る。

2016年 10月
制作委員会京都支部発足!朝日新聞による取材。京都新聞では記事化される。パイロット版撮影メイキングドキュメント クランクイン。パイロット版撮影 クランクイン。

2016年 11月
パイロット版撮影 クランクアップ。映画のモデルとなった、鶴見橋中学校の現校長に映画【かば】制作の理解を得る。

2017年 1月
パイロット版&ドキュメントオブ【かば】編集終了。

2017年 2月
川本プロデューサーの東京での活動拠点である高円寺にてパイロット版&ドキュメントオブ【かば】先行試写!

2017年 4月
川本プロデューサーの地元、京都のライブハウス磔磔にてパイロット版&ドキュメントオブ【かば】先行試写!

2017年 5月
中山千夏さん ナレーション録り。パイロット版&ドキュメントオブ【かば】完成!映画の舞台、大阪西成のモデルとなった鶴見橋中学校にて、パイロット版&ドキュメントオブ【かば】公開!